豊田産業技術記念館2

e0367545_21255773.jpg

e0367545_21260802.jpg

最初は自転車にエンジンをつけた。

e0367545_21261942.jpg

e0367545_21262823.jpg

1930年代のモノづくり、木枠で作ったんだね。

e0367545_21263900.jpg

シボレーをバラバラにして徹底的に研究したという。

e0367545_21264952.jpg

e0367545_21274440.jpg
 
e0367545_21280065.jpg

押しの強いトラックが魅力的~!

e0367545_21280980.jpg

今こんな車ができたら、きっと売れるよ。

e0367545_21281921.jpg

働く車は総じてかっこいい。
とにかく、このころの車は色がいいよね~!

e0367545_21282876.jpg

ここらあたりから、見覚えのある姿が…

e0367545_21283745.jpg

うんうん。

e0367545_21285046.jpg

で、ここまでくると、急に興味が薄れてしまうのはなぜ?
そんな私のアカラサマな様子にみんなが笑っていた。(笑)

e0367545_21290233.jpg

衝突のショックは今更ながらすごいね。
車は運転すればするほど危険が増すのは仕方ない。
こんなことにならないように…

e0367545_21291114.jpg

つづら丸にはないエアーバック。
つづら丸は、生身の肉体と根性で耐えるしかないんじゃ。(笑)

e0367545_21293370.jpg

e0367545_21294397.jpg


e0367545_21295472.jpg

産業革命の原動力になった蒸気機関で展示は終わる。

車のメーカーとしてはご縁がないけれど、やっぱりすごい底力。
世界のトヨタだということを、否が応でも知ることになる。
ただ、昔に比べて個性のある車が減ったよね。
道具としては優秀だと思うけれど、そこにもっと楽しさが欲しい。
若者の車離れって言うけど、致し方ないよ。
スポーツバージョンを加えて起死回生をするらしいけど
デザイン面では全くわかってないなあと思うんですよ、トヨタさん。
「顔」がないねん。
乗りたいと恋い焦がれるような車を作ってくださいまし。

[PR]
# by doublestrings | 2017-09-20 15:21 | | Comments(0)

豊田産業技術記念館1


e0367545_21154093.jpg


カンチの仕事柄、どうしても一度連れて行きたかった場所「豊田産業技術記念館」
世界のトヨタ自動車の前身、豊田織機の歴史を実際に見ることができる場所。

エントランスには1908年開発の大きな環状織機がある。
従来の常識を破って、立体的に布を織る機械が
「研究と創造の精神」を語るシンボルとなって出迎えてくれる。

e0367545_21154832.jpg

e0367545_21155708.jpg

e0367545_21160476.jpg

ところどころにいる社員が、実演をしてくれる。
綿をひねっていくと、強度が増す。

e0367545_21161175.jpg

e0367545_21161906.jpg

e0367545_21162610.jpg

e0367545_21163295.jpg

e0367545_21163800.jpg

e0367545_21164530.jpg

どれを見ても感心するばかり。

e0367545_21165298.jpg

e0367545_21170266.jpg

e0367545_21171042.jpg

最後に最新式の織機が展示されている。
パソコンの画像を即座に織り上げることができる。

e0367545_21172332.jpg





[PR]
# by doublestrings | 2017-09-20 13:58 | | Comments(0)

名古屋へGO!

e0367545_17340844.jpg

不要不急の外出は避けるように…
どのチャンネルを回しても、天気予報ではそう繰り返している。
とてつもなく大きな台風が日本列島に近づいている。

どうしようか…

悩みに悩み、更にあちこちの予報や台風の動きをチェックして
やはり決行することにした。

名古屋へGO!

とはいえ、いつ何時予報が変わるやもしれないから、と
朝は一足早く出かけ、京都駅新幹線乗り場の地下でモーニングを食べることにする。
このお店に来ると、旅行に行くという気分になる。

e0367545_17341604.jpg

雨は降っていない。
新幹線も予定通り発車したけれど、空はどんよりしているし、山のたもとに妙な雲も出ている。

晴れ女…どこまで持つか。がんばろ。

e0367545_17342457.jpg

あっという間に名古屋に着いた。
居眠りしている暇もあらへん。
乗り換えて、ホテルのある金山へ。
ホーム向こうに停まった電車は「武豊」
む?「たけゆたか?」と思ったら、「たけとよ」だった。
近くて知らないことが多いところ…名古屋。

ボストン美術館の隣にあるホテルのロビーでTちゃんと待ち合わせ。
や~や~や~とあいさつを交わし、ホテルに荷物を置いて
いざ、豊田産業技術記念館へ。






[PR]
# by doublestrings | 2017-09-19 21:51 | | Comments(0)

身近かにもあったね♪

e0367545_19100833.jpg

出たり入ったりと、何度か車を出し入れする忙しい日。
ばったり出会った大家のおじさんが、私を見つけて「おいでおいで」と手招きされる。(笑)
畑はちょうど植え替えの時で、トマトが終わってネギや大根が植えられたばかりだから
一体何を「おいでおいで」されているのやろうと、いぶかしげに近寄ると…

大根の葉っぱ、食べはる?

はい。おじゃこと炒めてご飯に混ぜて食べます。

よう知ってはるな。
そうや、そうやって料理したらうまいんや。
(以前おじさんにも教えてもらったけど…)


そういいながら、奥からスーパーの袋を持ってきて私に口を広げさせ
バケツに入った大根の若い葉っぱを、次々にその袋に入れるおじさん。
どうやら間引きをした葉っぱのようだった。

洗いや!

採りたてだから、土が一杯ついてる。
さすがに洗わんと食べられへん。^_^;

無農薬やさかいな。
店で売ってるもんは、農薬を一杯かけよるから、よう食わん。


おじさんの口癖だった。

余談だけれど、おじさんがいつも畑の野菜をくれはるときに
奥の物置から出してくれるスーパーの袋は
いつもきれいに三角畳みしてある。
私はそれに感心して、同じように三角畳みをして片づけるようになった。

e0367545_19102267.jpg

ごま油で炒め、そこにちりめんじゃこを加えた。
忙しかったので、今日は手抜きをして、素麺つゆでささっと味付け。

e0367545_19103388.jpg

あっという間にできたよ。

自分で採ったものを食べる。
大家さんも「人生フルーツ」してはる。



[PR]
# by doublestrings | 2017-09-16 15:07 | 料理 | Comments(0)

路地の奥の隠れ家


e0367545_18540588.jpg

二条通りをこそこそっと入った路地の奥にあるCOTOHA。
入る前から期待大の外見。

e0367545_18534838.jpg

うっそうとした入り口。

e0367545_18542010.jpg

想像通りの店内。
若い男性2人が働いていた。

e0367545_18543787.jpg

珈琲は自家焙煎。

e0367545_18544864.jpg

大きな機械が備えられていた。
見ていると、白っぽかったコーヒー豆が、いい色に焙煎されていく。

e0367545_18553126.jpg

コップが不思議なサイズ、今まで出会ったことがない。
さりげないこだわり。

e0367545_18554989.jpg

珈琲はなみなみ。(写真以上に多い)
シナモンのクッキーをサービスしてくれた。

e0367545_18551597.jpg

カウンターに4、5人、テーブルが1つあって8人くらい。
再利用された木々で作られた家具、窓の外にはグリーンが。
さりげないおしゃれ感がいい感じ。落ち着く~♪
そして、また思ってしまう。
これでやっていけるのかと。
でも、若者2人は信念のあるようなオーラを放っていた。

前の二条通りは数えられないほど通っているのに
路地の奥…見過ごしていた空間にあったCOTOHA。
お気に入りになりそ。




[PR]
# by doublestrings | 2017-09-15 16:09 | 喫茶 | Comments(0)

空の向こうに


by doublestrings
プロフィールを見る
画像一覧